最先端の情報・商材で研究開発・製造から

設備・アフターサービスまで

「お客様」のサポートはすべて

高信化学にお任せください。

SMART One会員規約

第1章 総則

第1条(会員規約)

 この会員規約は、SMART Oneが提供するSMART Oneサービス(以下「サービス」といいます。)を、第5条所定の会員(以下「会員」といいます。)が利用するについての一切に適用します。


第2条(本規約の範囲)

  1. SMART Oneが会員に対して発する第4条所定の通知は、この会員規約の一部を構成するものとします。
  2. SMART Oneが、この会員規約本文の他に別途定める各サービスの利用規約(メンバーズホームページ利用規約他)および各サービス冒頭の「ご案内」または「ご利用上の注意」等で規定する各サービスの利用上の決まり(以下、併せて「利用規約等」といいます。)も、名目の如何にかかわらず、この会員規約の一部を構成するものとします。
  3. この会員規約本文の定めと利用規約等の定めが異なる場合は、当該利用規約等の定めが優先して適用されるものとします。


第3条(本規約の変更)

  1. SMART Oneは、会員の了承を得ることなく、この会員規約を変更することがあります。この場合には、サービスの利用条件は、変更後の会員規約によります。
  2. 変更後の会員規約については、SMART Oneが別途定める場合を除いて、オンライン上に表示した時点より、効力を生じるものとします。


第4条(SMART Oneからの通知)

  1. SMART Oneは、オンライン上の表示その他SMART Oneが適当と判断する方法により、会員に対し随時必要な事項を通知します。
  2. 前項の通知は、SMART Oneが当該通知の内容をオンライン上に表示した時点より効力を発するものとします。


第2章 会員

第5条(会 員)

 1.  会員とは、以下のいずれかに該当する者をいいます。

     (1)SMART Oneにサービスへの入会を申し込み、SMART Oneがこれを承認した者。

     (2)SMART Oneが別途定める方法により、SMART Oneがサービスへの入会を承認した者。

 2.  会員は、SMART Oneが入会を承認した時点で、この会員規約の内容を承諾しているものとみなします。


第6条(入会の承認)

  1. SMART Oneは、別途定める方法にて入会申込を受け付け、必要な審査・手続等を経た後に入会を承認します。
  2. 入会に必要な審査・手続等が完了するまでの間、入会申込をした者(入会申込の対象者となる者を含み、以下「入会申込者」といいます。)は、サービスの機能の内SMART Oneが別途定める機能を、この会員規約に基づき利用することができます。但し、このことはSMART Oneが入会を承認したこととはみなされません。


 第7条(入会の不承認)

  1.  SMART Oneは、審査の結果、入会申込者が以下のいずれかに該当することがわかった場合、その者の入会を承認しないことがあります。

     (1)入会申込者が実在しないこと。

     (2)入会申込をした時点で、会員規約の違反等により会員資格が停止中であり、または過去に会員規約の違反等で解約を受けたことがあること。

     (3)入会申込の際の申告事項に、虚偽の記載があったこと。

     (4)SMART Oneの業務の遂行上または技術上支障があること。


第8条(譲渡禁止等)

     会員は、会員として有する権利を第三者に譲渡したり、売買、名義変更、質権の設定
その他の担保に供する等の行為はできないものとします。


第9条(変更の届出)

  1. 会員は、住所、その他SMART Oneへの届出内容に変更があった場合には、速やかにSMART Oneに所定の方法で変更の届出をするものとします。なお、婚姻による姓の変更等SMART Oneが承認した場合を除き、SMART Oneに届け出た氏名を変更することはできないものとします。
  2. 前項届出がなかったことで会員が不利益を被ったとしても、SMART Oneは一切その責任を負いません。


第10条(会員からの解約)

  1. 会員がサービスの利用を解約する場合は、所定の方法にてSMART Oneに届け出るものとします。
  2. 会員資格は、一身専属性のものとします。SMART Oneは当該会員の死亡を知り得た時点を以って、前項届出があったものとして取り扱います。


第11条(設備等)

    会員は、サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となる全ての機器を、自己の費用と責任において準備し、サービスが利用可能な状態に置くものとします。また、自己の費用と責任で、任意の電気通信サービスを経由してサービスに接続するものとします。


第3章 会員の義務

第12条(自己責任の原則)

  1. 会員は、自己のIDによりサービスを利用してなされた一切の行為およびその結果について、当該行為を自己がしたか否かを問わず、責任を負います。
  2. 会員は、サービスの利用に伴い、第三者(国内外を問いません。また、会員に限りません。以下同様とします。)から問合せ、クレーム等が通知された場合は、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。
  3. 会員は、第三者の行為に対する要望、疑問もしくはクレームがある場合は、当該第三者に対し、直接その旨を通知するものとし、その結果については、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。
  4. 会員は、サービスの利用によりSMART Oneまたは第三者に対して損害を与えた場合(会員が、この会員規約上の義務を履行しないことにより第三者またはSMART Oneが損害を被った場合を含みます。)、自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。


第13条(ID及びパスワードの管理責任)

  1. 会員は、自己のIDおよびこれに対応するパスワード(仮パスワード、正式パスワードその他IDとの組み合わせにより、個人認証を行うに足りる記号を含みます。以下同じとします。)ならびに個人認証を条件としてサービスを利用する権利を、SMART Oneが別途定める場合を除き、第三者に使用させず、第三者と共有あるいは第三者に許諾しないとともに、自己のIDおよびこれに対応するパスワードの使用および管理について一切の責任を持つものとします。
  2. SMART Oneは、会員のIDおよびこれに対応するパスワードが第三者に使用されたことによって当該会員が被る損害については、当該会員の故意過失の有無にかかわらず一切責任を負いません。会員は、自己の設定したパスワードを失念した場合は直ちにSMART Oneに申し出るものとし、SMART Oneの指示に従うものとします。また、当該IDおよびこれに対応するパスワードによりなされたサービスの利用は当該会員によりなされたものとみなし、当該会員は債務の一切を負担するものとします。


第14条(手続)     

     会員はサービスを利用する際は、事前に個々のサービスごとに定められた所定の手続を経るものとします。